※当サイトの記事はアフィリエイト広告を利用している場合があります

人生の充実度は「お金・仕事・友情」で決まる|幸福の「資本」論(橘玲)

橘玲さんの「幸福の資本論」を読みました。

人生の土台となる資本は以下の3つです。

人生の土台となる資本

・金融資本(お金)
・人的資本(仕事)
・社会資本(友情)

理想は3つとも充実させること。

ですが、それは現実的ではありません。
(例えば、お金があれば嫉妬などにより友情を築きづらい)

なので、できれば2つ、少なくとも1つ満たすことができれば人生は充実していくという話。

「金融資本」は勝ちパターンがある?

「金融資本」はお金がお金を生み出す仕組み、つまり投資です。

僕はインデックス投資を実践しているのですが、投資はある程度「勝ちパターン」が決まっているようで。

それは「長期・積立・分散」です。

これが投資のキーワード。

もちろん投資の目的にもよりますし、僕の経験が浅いから理解していないことも多々ありますが、ここを外さなければ大きな失敗はないんじゃないかなと。

ただ、大きな利益を出そうと思うと、それ相応の元手が必要となります。

「友達作り」は社会人には難しい?

また、「社会資本」は社会とのつながり、つまり家族や友達に当たります。

みなさんは社会人になってから「友達」できましたか?

僕は正直できていません。

と言うよりも、そもそも新たな友達を求めていないのかもしれません。

社会人になると友達を作るハードルが急に高くなりますよね。

鍵を握るのは「人的資本」

3つの資本の中でも鍵を握るのは「人的資本」だと感じました。

「人的資本」は自分が働いてお金を得る、つまり「仕事」です。

先ほど書いた通り、「金融資本(投資)」で大きな利益を得るためには元手が必要。

その元手を準備するのに適しているのが「仕事」です。

また、仕事は一人で完結できません。

お客さんがいるから初めて仕事が生まれます。

規模が大きくなれば一緒に働く仲間も必要となるでしょう。

このお客さんや仕事仲間とのつながりは「社会資本」に該当します。

つまり、人的資本を活かして「仕事」を頑張れば、社会資本と金融資本が得られるんじゃないかなと。

フリーランスになって感じた「自由と不自由」

現在、フリーランスとして活動しているのですが、フリーランスになって感じるのは「圧倒的自由」です。

「いつ、どこで、誰と」仕事をしてもいいという自由。

これは想像以上に人生を明るくしてくれました。

というのも、前職は会社の人間関係がつらくて退職したので。

そういう意味では「社会資本」がマイナスからプラスに転じたような気がします。笑

一方で不自由さも感じています。

それは「お金と責任」です。

自分で仕事を作ったり、取りに行ったりしないと、お金は稼げません。

「どのようにすればいいか」と施策や仮説を考えること自体は楽しいですが、うまくいかない時は絶望的です。

また、仕事上でのミスや不備があった場合は全部自己責任となります。

不自由の方は「人的資本」が弱いからこそ感じるものです。

なので、これからは「人的資本」の最大化に注力したいですね。

人生の攻略本

この本に限らず、橘玲さんの著作はまさに「人生の攻略本」です。

こんな視点で考えたことない…。という見方を教えてくれます。

多くの人は大小さまざまな悩みを抱えて生きているけれども、それをざっくり分けるとこうじゃない?

それに対する解決策はこうだよ。

と伝えてくれています。

まだ読んだことがない人はぜひ手に取ってみてください。